牛丼戦争

最近牛丼が安い!

吉野家が創業111周年記念で110円引きをやり牛丼が200円台で食べられるようになった。

 

実は私の妻もすき家で働いている。

妻の働いてる店は繁盛店らしくいつも大変そうだ。

 

実際スーパーで牛バラ肉を買ってきて自分で作ろうと思ったら280円等で作れるか疑問なくらい安い。

 

テレビなどでも取り上げられたが、デフレの象徴だという。

 

物が安くなるのはいいが、あまりに薄利だとそこで働いている従業員も大変だろう。

 

生活防衛で安いものに手を出してしまうが、やっぱり緩やかなインフレになり、物価と給料が少しずつあがる世の中になってもらいたい。

 

それが継続されれば夢や目標をもって働けると思う。

 

国民一人ひとりの力で政治を変えていかないといけないんだな。

若者がもっと選挙に行けば日本は変わっていくのだと思うんだけどな・・・・

 

 

Twitter!フォローしてねん(^O^)/ @customgs